わたしの趣味に何をする。

出典「note 坂道」さま


わたしの趣味に何をする。



「趣味はなんですか?」

先日、初対面の人にそう聞かれて耳を疑った。
思わず「私ではない誰かに聞いているのだろう」という100%の確信のもとにその発言をスルーした。

なぜ私の趣味との出会いに興味をもったのかは謎だが、大人になってから履歴書以外で趣味を問われるとは思わなかった。
もしかしたらお見合いだって今時「ご趣味は?」なんて聞かないかもしれない、だって令和だし。
「お休みの日は何をしているんですか」ならまだギリギリわかるが、ストレートに趣味を問われて私の脳はフリーズした。

ちなみに私の趣味は、読書・映画・音楽だ。本屋をはしごしたり、映画館でフライヤーを漁ったり、フェスに出演するアーティストを予想・チェックしたりするのが好きだ。
実際に映画館で映画を観たりライブに行ったりする時間がないのが残念だが、ハードディスクは常に映画でいっぱいだし、積読は増えるばかりだし、バンドやDJをyoutubeで貪っているとあっという間に日が暮れる。
日々を謳歌するにはあまりに時間と体力が足りない。
もちろんお金も足りない。

とはいえ若い頃は趣味を問われると素直に「読書です」と答えていた。
ただ、その後の相手のリアクションについてどうしてもモヤモヤが残ってしまい、だんだんと読書という趣味を隠すようになった。

「へえ、頭いいんですね」
「かっこいい」
「私、本とか読まないな~」

「読書が趣味」発言をするとだいたいこんなようなことを言われていたような気がする。
もう実際の発言なんて忘れてしまったが、とりあえず「そんなことを言って欲しいんじゃない」とすれ違いだしたカップルみたいに感じたのは確かだ。
ただ単に好きなことを答えただけで、決して褒めて欲しかったわけじゃないし、文化人風を装いたかったわけじゃないのだ。

そもそも、読書って言っただけで、べつに純文学とか専門的な本を読んでいると言ったわけではない。
マンガかもしれないしエロ本かもしれない。
もしかしたら折り込みチラシを眺めているだけかもしれなのだ。
というかそもそもウソかもしれない。
ホントはただの出会い系アプリのメールの可能性だって・・・

もう本音を言ってしまえば「趣味とか聞くなよ、めんどくせえ」ということなのだけれど、それを聞いてくる人は、なんとなく「自分の理解の範疇にいる人間かどうか」を確かめたいのではないかと私は考えている。
我ながらとんだひねくれ者だ。

ゲーム、わかる。出会いアプリSNS、わかる。音楽、部分的なら。

アイドル、わからない。スポーツ、わかる。読書、わからない。そんな風に選別されているのではないかとついつい邪推してしまうのだ。

そもそも親しい人にあっさり裏切られたり、ありふれた日常が突然なくなったり、電話してきた人間が自分の子供かと思っていたら犯罪者だったりする時代だし、世の中の娯楽なんて両手両足の指じゃ数え切れないくらいある。
そんな複雑な社会の中で人の趣味をどうこう言ったり判断したりするのは野暮だ。思いを馳せるのは推しの趣味だけでいい。

だからもう、人に趣味を問うなんてことはやめて、シン・ゴジラよろしく

「私は好きにした、君らも好きにしろ」

と言いながら各々の生活を潤わせることに邁進してみた方がいいのではないだろうか。
あと履歴書の「趣味・特技」の欄は一律廃止していい。
知らない奴に趣味など言いたくはないし、特技が何もないことはここだけの秘密にしたいのだ。


私の趣味との出会い系ご縁ってなんだろう…

Kana


出典「わたしの趣味って何だろう。自信を持って「これが好き!」と語れるコト・モノ探し」


私の趣味との出会いご縁ってなんだろう…

「趣味は何ですか?」という質問。
これに私はなかなか答えられない。

ありきたりなのは答えたくないし、かといって人の興味を引くような面白いこととの出会いけいご縁があるわけでもないし。

自分が好きなことを素直に「これ!」と答えればいいだけなのだけど、それがすぐに出てこないってことは、私って夢中になれるものがない
つまらない人間なのかもしれない。




私の生活を思い返してみれば、
学校とバイト、友達と遊ぶ以外はスマホを触っている時間が圧倒的に多い気がする。

LINE、Instagram、Twitter、YouTube、これで私の休日はおしまい。

…なんか、これってかなり、問題かも。

夢中になれるものとの出会い系ご縁なんて訪れるわけもない!



時間を忘れるほど夢中になれるものを見つける。
自分の“好き”を見つける。

日々こなさなければならない仕事や勉強以外で自分の人生を豊かにしてくれるものを
持つことはとっても大切なこと。

「私はこれが好きなの!」と自信を持って語れるように、“趣味の提案”をさせて頂きます!




1|コラージュとの出会い



■素材は何でも良いのです


まず初めに提案するのは“コラージュ”。
自分の好きな写真や絵などの素材を切って、貼って。

あなただけの“好き”が詰まったそれは世界にひとつだけのアート作品です。



スマホのアプリやPCのソフトを使ってやるもよし。
アナログにスクラップノートや手帳で作るもよし。

素材は何でも良いのです。

読まなくなった雑誌のお気に入りのページや使わずに眠っているメモ帳や便箋。
マスキングテープやステッカー。
花でもレシートでも、映画のチケットでも。

良い、と感じたものをぎゅぎゅっと詰め込んで。



2|ステッカー集めとの出会い




■コレクションって贅沢な趣味


子どもの頃、シール集めに夢中になったことがある方も多いのでは?

ぷくぷくした立体的なもの。
中に液体やキラキラしたものが入っているもの。
香り付きやホログラムのシール。

何に使うんだ!ってくらい、
いくつも集めたりしていましたよね。



さあ、童心を忘れないイカした大人に
「こんなに集めて何に使うの?」はナンセンス。
可愛いから、集めるのです。欲しくなるのです。
それがきっとすべての理由。

大人になった今だからこそ、楽しみたいステッカー集め。
何かをコレクションすることは、無駄と思われるものを愛する贅沢な趣味なのかも。



3|サウンドトラック鑑賞との出会い




■ありがち「音楽鑑賞」は避けたいかな…という方にありがち「音楽鑑賞」は避けたいかな…という方に


「趣味は?」の問いへの答えとしてありがちな答えはきっと「音楽鑑賞」。

でも音楽って一口に言っても様々だ。
ジャンル、年代、国。範囲が広すぎる。
ここでいかに具体的に、個性を発揮する答え方ができるかが勝負所かも。




ここでわたしがご提案するのは“サントラが好き!”という答え方。

映画やドラマを彩るサウンドトラックって本当に素敵なものばかりなのです。

先にサントラを聞いてその作品を観たいと思ったり知らなかったアーティストとの出会い系ご縁もあります。
新しい出会い方を楽しめるのも良いところ。

まずは自分のお気に入りの作品のサントラをチェックしてみて。



もどる


トップページへ