女性へ贈る【出会いサイトのススメ】Part2(1)

出会いサイトに頼らない出会い

出会いの場所

出典「恋する女性の瞳は綺麗」さま

http://www.philfootball.info/office-lady.html
-----------------------------------------

(1)出会いの場所

チャンスを広げよう

出合いのチャンスを広げることで出会える可能性というのは確実に上がる

自分に合ったものを選ぶ

出会い系サイトというのは本当に素晴らしいツールであることは間違いありません。

しかし、全ての人にとって利用しやすいものなのかどうかと言うとそうではないパターンがあります。

とにかくまずは出会ってから話したほうが自分は性に合っているという人もいますし、結婚を意識をしているのだからこそもっと積極的に結婚を目的とした人同士が集まる場所のほうがいいという人もいるでしょう。

出合い系サイトは24時間いつでもどこでも自分のペースで利用できますが、人によっては決められた時間に参加したり、指定されたほうが行動をしやすいという人もいるわけです。

人によって合う合わないというのがありますから他の出合いの方法や場所について知っておくようにしましょう。

出合い系サイトが素晴らしくてもこの方法がダメだったらもう出会いを探すことができないと言うわけではないです。

他の出合い方を把握することで出会い系サイトがダメでも他の方法を試せばいいという気持ちが出てきますし、色々な場所に参加することで確実に恋人や結婚相手を見つけるチャンスが出てくるものでもあります。

一つのツールに特化してスペシャリストになる方法も素晴らしいことでもありますが、たまには他の方法を試してみることも大切かもしれません。

色々な可能性を見つけてすこしでもチャンスを増やすための行動をしていきましょう。



(2)勤め先やバイトで

恋愛関係になりやすい

毎日顔を合わせて過ごしていることで打ち解けやすくなります。

異性が多い場所で副業

恋愛をする上でもっとも効率がよくて付き合いにいたるチャンスが多いのが勤め先やバイトですよね。やはり同じ時間を共に共有して一緒に行動をしているということはそれだけ話す機会も増えてくるので当然お互いに心が打ち解けやすくなるものです。

恋愛をする上でもっとも可能性が多いのが職場恋愛と言えるでしょう。職場と言うのは一週間のうちに何回も会うわけです。最初はぎこちなかった会話も徐々にフランクになってきて敬語がなくなっていきますよね。

人は何度も会う内に緊張がなくなってくるものです。職場であればやはり恋愛関係に発展しやすいのは当然と言えば当然です。しかし、今は職場で恋愛をすることが出来ないからこそ他のツールと言うのが多く誕生をしてにぎわっているともいえます。

職場に同性しかいないというところも珍しくないですし、新しい人が入ってこないと言うのもありますよね。昔のような大量雇用時代ではなくなってきているので出会いのチャンスがなくなってきています。

恋人や結婚相手を見つける為に転職をしろとは言いませんが、それでも今は大手企業でも副業をすることが可能となりました。出会いを求めて副業を始めてもいいと思います。

平日は定時で上がれる人だったり、スケジュール通りの休みがある人もいるわけですよね。アルバイトなどをすればお金を稼ぎつつ恋愛感情に発展する事だって出来るわけです。

アルバイトのいいところは嫌だったらすぐにやめる事だって出来るわけです。異性が多そうなところで働くようにしましょう。



(3)婚活パーティー

婚活に最適

日本全国で盛り上がっているので是非とも利用してみましょう。

結婚をしたいなら参加しよう

今一番結婚をする上でもっとも有効な出合いのツールとしては婚活パーティがあげられます。

全国各地で開催をされていますし、テレビなどでも非常に盛り上がっていて結婚をしたいという男女からしてみれば非常にありがたいツールと言えるでしょう。

年齢や年収・地域などで制限などをかけたりと様々なイベントを行っていますので結婚をしたい人は是非とも積極的に参加をすることが必要になってきます。

週末には連日満席となるぐらいに盛りあがっているので是非とも利用するようにしましょう。

1人で参加するのもよし、友達同士で参加してみるのもいいでしょう。

とにかく結婚をしたいという人は一度に沢山の人と出会えますし、その全てが結婚をする意思を持っているということでもありますので試しに一度でもいいので参加してみることをオススメします。

人見知りが激しくてそういった所に参加しづらいと言う人もいますが、主催者側がパーティを盛り上げるようにするためのイベントを行っているので初対面で緊張をしてしまうと言う人も大丈夫だと思いますし、一人当たりの時間というというのは大体15分ぐらいです。

話す内容と言うのは似たようなものですからあっという間に時間は過ぎていきます。

連絡先の交換なども行ってその後気になる人と個別にラインでやり取りをするようにしましょう。



(4)相席居酒屋

女性は完全無料

女性はお金がかからず飲食が楽しめると言う魅力があります。

友達同士での参加

相席居酒屋というものをご存知でしょうか?今若い人を中心として全国各地で非常に盛り上がりを見せている居酒屋であり注目されている新しい出会い方と言えます。

相席居酒屋というのは名前の通りに一つのテーブルに相席する形で男女が集まってお酒などを酌み交わして交流をしていくと言うものです。女性は基本的に飲食無料で利用できますし、男性も女性の料金を負担するぐらいの金額で利用することが出来ると言うことで非常にリーズナブルとなっています。

男性は相手を選ぶことが出来ませんが、女性のほうは嫌だったら断ることも出来ますし、男性は退席して再び利用しなおすと言うことも出来ます。基本的に2対2で参加することが出来ますので友達同士で利用するようにしましょう。

出会いのツールと言うのはブームがあります。その時々のブームにしっかりと乗ることが出来るかどうかで出会えるかどうかの確率と言うのは変わってきます。

今現在SNSを利用して出会えますか?当時は一大ブームで全国各地で出会えていましたが今は全然出会えませんよね。ブームを見極めることでチャンスを広げましょう。そして今最もブームとなっている一つが相席居酒屋なので素敵な人を見つけられるようにしましょう。

恋愛をしたいとか出会いを求めて行動をしていると言う人が基本的に参加をしています。女性のほうが利用者が多いのも特徴と言えます。


(5)合コンや紹介



難易度は実は高い

二時間ぐらいで打ち解けて仲良くなると言うのは簡単ではない。

チームワークが大切

一般的な出会い方として有名なのが合コンや友達の紹介と言った形で知り合う形です。合コンと言えば昔からある定番の出会い方の一つですよね。しかし、この合コンや友達の紹介と言うのは基本的に難易度は高いものでもあります。

まず基本的に幹事の負担が大きいですよね。異性の知り合いがいないと出来ませんし、その異性の知り合いがいたとしても仲間や友達に出会いを求めている人がいないと成り立ちません。

開催をしようとした場合にはお互いのスケジュールが合わないと参加することが出来ないと言うことで調整なども面倒に感じる人もいます。そして開催をすることが出来たとしても中には数あわせで参加をしたと言う人もいます。

幹事は男女両方とも知っているわけで開催をしてもメリットに感じない事のほうが多いです。知り合いが居すぎてしまいますのであまり積極的に恋愛をしづらいということもあります。

さらに友達同士のチームワークが悪かったら足を引っ張ってしまうと言うデメリットもあるわけですので定番中の定番の出会い方でも成功率は意外と低いのです。

成功をさせようと思ったらまずは同性同士で足を引っ張らないようにしていくということとまずは初対面で一気に決めると言うことをしないで仲良くなってから個別に会うようにしましょう。

とにかく最初はみんなで楽しかったと言う印象で終わるようにしましょう。



(6)オフ会

気軽に参加可能

オフ会と聞くとマニアックな知識が持っていないとダメと思われるかもしれませんが、気軽に参加可能です。

趣味を活かした交流

共通の趣味を持ったり地域で暮らしている人同士が集まるオフ会も出会いの場所と鳴っていますので気軽に参加してみましょう。オフ会と聞くと知識を沢山持っているマニアックな人同士が集まる場所と思っている人もいるかもしれませんが、今は気軽に初心者でも入りやすくなっていますので是非とも調べて探すようにしましょう。

オフ会のいいところというのは共通の趣味をもっていたり共通の話が出来ると言う利点がありますよね。例えばマラソンだったり自転車でツーリングをしたり、テニスなどのスポーツもあれば、旅めぐりのオフ会といったものもあります。

インターネットで探せばオフ会のバリエーションも非常に多いです。同じ趣味をもっていたら打ち解けるのもはやいですよね。

特に趣味を持っていないからなぁ~って言う人でも同地区内に暮らしていると言う人のためのオフ会というのもあります。出会いを目的としているのが丸分かりですが、それぐらいハッキリとしていたほうが出会う意味もあると言うことです。

男女比で言うと男性のほうが比較的多いように思います。逆に言えば女性は多くの人の中から相手を選ぶことが出来ると言うメリットもあります。

インターネットで探して自分が参加できるような場所に参加してみるようにしましょう。




戻る

トップページ へ