女性のエッチ体験談

出典「出会い系サイト・女性のエッチ告白体験談集」

出会い系アプリチャットで


【女性のエッチ告白体験談】2ショットチャットで知り合った男性と



 はじめまして。21歳・♀です。
先日、2ショットチャットで知り合った男性と会ってきました。

 彼氏と別れたさみしさから、なかば自暴自棄な気持ちになっていました。
相手はどんな人でもいい気分でした。

メッセージをいくつか見て、26歳と歳が近くて、また優しそうな印象の方の
部屋に入室しました。

 最初から会ってエッチすることが目的だったから、話はすぐにまとまりました。
そして最寄の駅までむかえるに来てもらえることに。

 チャットで話していたときの感じとはちょっと違うなあと思いつつ、話をしながらドライブをしていました。
それから大きな公園の駐車場に車を停められました。
たぶん最初からそこへ連れていくつもりだったのでしょう。辺りは暗くて、ひと気もありませんでした。

「どんな下着履いてるの」
「ん、白...」
「ちょっと見せてもらえるかな」

会って数分しか経っていない男性にもう下着をみられるなんて。
片方の手でスカートをめくりながら、肩を抱き寄せられてキスされました。
「なんかネギ臭いよ。何食べたの?」
と、わたしは恥ずかしさを笑って必死にごまかしていました。

 それから上着をたくし上げられ、ブラジャーのホックを外されました。
私は胸の大きさに自信がありませんでした。
「ちっちゃくて可愛いね」
乳首を吸われ、舌で転がされているうちにあそこがヌルッとしてくるのを感じて、
ああ、もうエッチしちゃってるんだと実感が強まっていきました。

 下着だけの姿にされ、
「フェラとか得意?」と尋ねられました。

うーん、得意じゃないけど...、と、相手のおちんちんをさすりながら思い切って口にふくみました。
「うん...気持ちいいよ...」
フェラをしながら、中指でクリをいじられ、挿れてほしい気持ちが高まって仕方ありません。

「そろそろいいかな」
「うん...。挿れて」
車の後部シートにふたりで移り、私は相手におもむろに腰をしずめていきました。

「あっ...痛い...」
「きついよ。すごくいい...」
腰をつかまれて、下からゆっくり突き上げられました。

一回突き上げられるごとに頭がじんと痺れて、
初めて会った男の人とエッチして感じている自分が、どこか汚れた存在に思えました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!


 せまい座席に押し倒されて、足をつかんで一層激しく腰をうちつけられました。
もうそのときには、必死にこらえていた声も我慢できなくなっていました。
車内の窓という窓が、ふたりの熱気で白く曇っていました。

「あ、ヤバイ、イっていい?○○(私の名前です)のおまんこでイっていい?」
「うん、いいよ、きて。いっぱい出して」
ゴムはつけていましたが、わたしの中でドクドクと脈動するおちんちんを感じました。

 それから相手の男性は性欲を満たして満足したためか、取り繕うようなぎこちない会話をしてから駅まで送ってもらいました。
初めからおたがいの身体だけを目的として会ったのだから、これでいいのだと、心のどこかの後悔を納得させながら帰路をたどりました。

 また会いたいとの旨のメールをその後もしばらく度々受け取りましたが、私は返事をすることもなく、今では何事もなかったかのように、新しい彼氏とそれなりの生活を送っています。




出会い系アプリで

【女性のエッチ告白体験談】出会い系アプリで



結婚して6年経つ主婦です。
子供が出来てから主人とセックスの回数が減り、ここ1年まったくセックスをしておらず、完全にセックスレスになりってしまいました。
淋しくなった私は、勇気を出して出会い系アプリに登録してみました。
その時に出会った男の子の体験談をします。
私が出会いアプリにプロフィールを載せるとすぐにものすごい反応がありました。
いろいろ迷ったのですがメールの内容が誠実そうだったので、5才年下でしたが25才のサラリーマンをしている方と会うことにしました。
主人には久々に昔の友達と会うということにして子供は実家に預けました。
待ち合わせ場所で待っていると、サイトの写メで見たとおり爽やかな感じの方がやってきました。
私は久々のデートでとてもドキドキしてました。
まず挨拶を交わし、彼の知っているお洒落なお店に食事に行きました。
食事しながら色々な話をして盛り上がり、私も久しぶりにいっぱい笑いました。
お酒のせいもあるとは思いますが、こんな気持ちが高揚したのも久しぶりで、話してるだけで体が熱くなっているのが自分でもわかりました。
話をしながら彼の目を見て、この人はどんなセックスをするんだろう?とエッチな想像をしました。
そうして楽しい食事が終わりお店を出ると彼が、
「これからどうする?」
と聞いてきたので、私は我慢出来ずに、
「2人きりになりたいなれる所に行きたいな…」
と大胆なことを言ってしまいました。
そして二人で腕を絡ませて駅の近くのラブホテルへ…
会って間もない人でしたが、私も人肌恋しかったので、早く抱き締めてもらいたい気持ちでいっぱいでした。
正直言うと主人とはセックスレスだしセックスしたかったんです。

そして部屋に入ると、お互いソファに座り、そこで彼は私を抱きしめ優しくキスをしてくれました。
私は久々だったのでキスだけで思わず「あっ…」と感じてしまいました。
お互いの舌を絡ませ、濃厚なディープキスをしました。
彼は私の服をだんだん脱がしていき、首筋や乳首に舌を這わせてゆっくりと舐めてくれました。
そして私のおっぱいに顔をうずめたり、強く揉んだりしてくれました。
もう乳首は硬く突起し敏感になってしまいちょっと触られるだけで感じてしまいます。
「あぁ〜ん、すごい気持ちい〜」
と言葉を漏らしてしまいました。
2人でベッドに移動して、また舌を絡ませ濃厚なディープキス。
「ねえ、どこが一番感じる?」
と彼が聞いてきたので、
「クリトリスかな…」
というと彼はスルスルっと下に体をずらして、パンティーの上から指でクリトリスの周辺を責めてきました。
すでに濡れているアソコからさらにいっぱいオツユが出てるのがわかりました。
すでにパンティーはぐっしょり濡れて大きなシミを作っちゃってるのが彼に見られてると思うとちょっと恥ずかしいかったです。
そしてとうとうパンティーも脱がされ、直接クリトリスに舌を這わされペロペロ音を立てながら舐められました。
「ぁんあん、だめぇ〜…イッちゃうよ…ぁあ〜ん」
と私は久々の刺激に本当に限界でした。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!


手を伸ばしトランクスの上から彼のオチンチンを触ると、彼のもすでにカチカチになっていました。
私は体の向きを変え69のような体勢で彼のトランクスを脱がせると大きくなって反り返ったオチンチンを舐めてあげました。
久しぶりのオチンチンに私はうれしくて先っぽのカリ首の部分から根元までしゃぶりまくり、もちろん玉も口の中に入れたりして舐めまくりました。
彼は私のクリトリスを舐めながら、同時にアソコの入口に中指を入れたりしてお互い感じまくっていました。
「もう私我慢出来ないよ!欲しいの…」
と私が言うと彼は頷き、私の両脚を持ち上げて正上位でアソコにオチンチンを突き刺しました。
「あぁぁ〜!」
久々だったので本当に本当に気持ちよく一刺しで軽くイッてしましました。
しかも彼のオチンチン結構大きかったのでより一層感じてしまいました。
「ぁんぁん、すごいおっきくて気持ちいぃ〜!はぁ〜ん…」
と私は彼がオチンチンを出し入れするたびにあまりの気持ちよさに意識が飛んでいきそうになりました。
彼が「気持ちいい…?」と聞いてきて私が頷くと、彼はどんどん腰の動きを早めました。
パンパンパンパン…と大きな音が鳴りました。
「あー。ヤバイ、私イッちゃいそう〜ぁあっイクイクイクッ…」
と叫ぶと、彼も
「俺もヤバイ…イクッウゥ…」
と言って2人とも同時にイッてしまいました。
終わった後もあまりの気持ちよさに自分からフェラをして誘ったりして、結局2回セックスしてしまいました。
久々だったのでかなり燃えてしまいました。
彼とはもちろんまた会う約束をしました。



出会い系アプリ

【女性のエッチ告白体験談】出会いアプリ



1年ほど前に3年モノの彼氏と別れてしまってからというもの全く出会いがなくそれなのに仕事は日々忙しくて、出会いがないということに追い討ちをかけています。
「もう、男なんて要らない!!」
そう周りには公言していますが、性欲だけは消そうとしても消えません。
ひとりエッチしていても気持ちいいけれど虚しくて…
ついに出会いアプリに手を登録してしまったんです。
プロフィールを見ていて目に止まったのは同じ年齢の音楽関係の仕事をしているという彼。
数回メールのやり取りをして、この人なら私の性欲を満たしてくれるのではないかと思い自分のほうからお誘いのメールを送ってみました。
「今日会えますか?」
「いいよ!」って返事。
すんなりとその日のうちに会うことが決まりました。
待ち合わせは郊外の繁華街。
「初めまして♪」
「ご飯は食べた?お腹すいてない?」
「お腹はすいてないです」
と答えると
「じゃあ、このままホテルいこっか」
微笑む彼。
頷きこっちも微笑み返して、そのままあっさりラブホへ。

あんなに悶々としていた日々が嘘のように話がスムーズに進んでいく。
淡々とした成り行き。
「服脱ごうか」
二人で下着姿になってベッドへ。
もうここまで来ると緊張の糸はほどけ、ただこれからされる行為への期待感でいっぱいでした。
ベッドに転がりキス。
その人はとっても指使いがうまくて全身を優しく触ってきます。
体が今までしたこと無いような反応をしてしまう。
下着の中に手が延びクリトリスを触りながら指がアソコへ…
「うわ、すっごく狭いね〜」
って言われました。
でも気持ちよくてどうでもいいって感じ…

実は会う前に数回やり取りしたメールで中で私は、
「セックスでイッたことが無い」
と言う話をしていました。
ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!


「こんなに濡れるんだからイカないはずないよ」
そう言いながらその人は私のアソコを指でクチュクチュと弄り続けました。
確かに私のアソコは今までにないくらいビチョビチョに濡れていました。
結構、長い時間され続けました・・
指の動きが止まって
「イッた?」
って言われました。
「多分イッてない…」
と、私。
「そう?潮吹いてたよ。ちょっとだけど」
ええ!?
気持ちよかったけど出てる感覚は全くなくびっくりしました…
イクどころか潮なんて吹かされたのは初めての経験だったので。
私は嬉しくて、お返しに相手の下着を脱がせてフェラチオをさせて貰いました。
今まで見た事ないくらい大きなおちんちん。
そしてその大きなおちんちんを挿入されました。
あまりにも大きかったので最初は少し痛かったのですが、だんだんアソコに馴染んできてすごく気持ちよかったんです。
それにしても1年ぶりのセックスはなんて気持ちいいんでしょう。
体の力ががっくり抜けてしまうようなあの不思議な快感。
激しくピストンされるたびに私の奥まで突いてきます。
私のアソコはかなりきつく締め上げていたようで相手の人はあっという間に絶頂に達してしまいました。
私も久しぶりのセックスで女性を取り戻したように感じました。
この相手に人とは1回きりでしたが、私は味をしめて今では出会い系の常連です。
そして最高のセックスをしてくれる人を捜す毎日です…





人肌恋しいんだよね

【女性のエッチ告白体験談】人肌恋しいんだよね



つい先月のこと。

出会い系アプリで仲良くなった人と、家が近かったので遊びました。

下ネタは日常茶飯事で、しかもかなりエロイ内容だったw


最近人肌恋しいんだよね〜って相手が言い出してきて、抱きしめられた。

私も彼氏いなくて少し寂しい気持ちがあったから、久しぶりに人に抱きしめられて、嬉しかった。

抵抗しないでいたら、徐々に胸を触られて、服の中に手を入れて、乳首をクニクニされた。

そのまま、ベットに寝転ばされて、乳首を執拗に舐められた。

そして、そのまま下に下がっていこうとしたので、「お風呂入ってからじゃないと汚いよ!」って言うと、

「汚くないよ。」と言って下着を横にズラシテ、クリトリスを舐め始めた。

ジュルジュルと音をさせて、クリトリスを吸いながら舌の先、舌全体を使って転がされた。

下ネタで盛り上がって話てた時に、言葉攻めに弱いと言ってたのを覚えてたのか、「オ○ンコぐちょぐちょだよ。

とか、クリちゃん皮剥けて大きくなってるよ。」とか言葉攻めが始まった。
「恥ずかしいから言わないで」って言うと、「でもさっきより濡れてるよ?

エッチなオ○ンコ汁がお尻の穴まで垂れてる…」って、わざと卑猥な言葉で辱めてきたのです。

舌先でチロチロとクリの表面を撫でられ、「もっと吸って!」と言うと、「ヤラシイね…」ってクスクス笑いながら、またクリトリスをジュルジュルと吸いました。

下着が邪魔だと言って脱がされ、ノーパン状態のスカートの中に頭をつっこみ、穴に指2本を入れながら、クリを舐められ、グチュグチュと濡れた音がすごく恥ずかしくて興奮しました。

元々イキにくいのですが、30分近く舐め続けてくれて、その間も時々、

「オ○ンコ ヒクヒクしてるよ。」

とか、

「自分で足開いてヤラシイ格好だよ。」

とか言葉攻めされて、穴とクリと乳首を同時に愛撫されていってしまいました。

いった後も、クリをしつこく舐められて、もう1回いってしまいました。

ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!


ぐったりしてると、「入れていい?ダメなら手で抜いて」と目の前にモノを持ってきて

「ゴムしてくれるならいいよ」って言ったら、

「ゴム無い…中に出さないから生でいい?」と言われ、半分ボーっとしながら頷くと、

モノを穴にあてがいながら、また言葉攻め。

ゆっくりと私の中に入れてきて、「うわ…すっごいヌルヌルで あったかくて絡みついてくる…」と耳元で囁いて、ギリギリまで抜いて、ゆっくり奥まで突く。

って感じのピストンを繰り返し。

その動きをしている間も、グチュッ…クチュッ…と、音が聞こえて、恥ずかしさと気持ち良さで興奮はかなり絶頂になりました。

「もっと奥がいい…」と言うと、彼は私の腰をしっかり掴んで、激しく腰を動かしました。

そして、言葉攻めは休むことなく、「○○ちゃんのオマ○コに俺のチ○ポが根元まで入ってるよ…すげぇエロイ…丸見えだ…」と言って、彼自身も自分で言ってて興奮しているみたいでした。

彼に手を掴まれて、クリに導かれ、「いつも自分でやってるみたいに触ってみて」 と言われたので、摘んだり指の腹で転がしたりしていると、「エロすぎ…もう無理かも…いく…!」って、激しく腰を動かして私のお腹の上に出しました。

エッチが久しぶりだったのもあるけど、すごい相性が良かったと思います。

思い出すと、また したくなってきちゃいます(^^;)




女装子のエッチ体験談

ハピメ男性会員さまの、エッチ体験記

吉高似の綺麗系OLとH『前編』

吉高似の綺麗系OLとH『後編』

20歳のビッチギャルと即エッチ体験!

バージン喪失女子大生の体験談



トップページ へ